学校長あいさつ

「櫻イノベーション」 〜これからの未来を創るみなさんへ〜

日本大学櫻丘高等学校 校長 大木治久

大木治久

21世紀はより一層のグローバル化やさまざまな技術革新の影響により、人類がこれまでに経験したことのない、予測困難な変化に社会全体で対応していく時代になる、と言われています。そのような社会を生きるため、日本大学の教育理念である「自主創造」の精神のもと、「自ら学び」「自ら考え」「自ら道を開く」ことができるよう、日本大学櫻丘高等学校ではさまざまな教育活動に取り組んで参ります。

「櫻イノベーション」をスローガンに、ハード面では平成29年に体育館や生徒会館が完成し、続いて人工芝のグラウンドも完成しました。平成30年度には全教室に電子黒板を、さらに1年生全員に対して一人1台タブレット端末を導入します。「ICT教育」などにより、アクティブラーニングをさらに充実させ、生徒が探究心を持ち、主体的、協働的、能動的に学べるよう、ソフト面でも「スクールイノベーション」を推進しております。このような環境の下、生徒たちは「セルフイノベーション」に取り組んでおります。

日本大学の付属高校としてのスケールメリットと、日本大学文理学部の併設校としての「高大連携教育」を始めとする多くのメリットを最大限に生かし、「不易流行」の精神をもって進化し続ける日本大学櫻丘高等学校に、どうぞご期待ください。

ページの上へ