日本大学櫻丘高等学校 学校案内2019
10/28

学習に対する意欲的な取り組みを通して自己洞察と自己理解を深め、自らの適性を考える指導を行う。自らが決めたコースでさらに自己を磨き、将来の進路の目標を立て、その実現に向けた学習態勢を取るよう指導を行う。12年生年生特別進学(S)クラスでは、下記の予定に加えて、夏期(8月)、冬期(12月)、春期(3月)特別講習や、放課後補習、実力テスト(6月、11月)など  3月● 春期講習● 春期特別講習(外部講師)● スタディサポート1月● 実力テスト● 小論文テスト12月● 三者面談(文系・理系のコース選択)11月● 英語テスト(GTEC)9月● スタディサポート7月● 実力テスト● 進路説明会(文系・理系のコース分けについて)● 三者面談● 夏期講習● オープンキャンパス6月● 小論文テスト(リピート)5月● 小論文テスト(初回)4月● 校外教育でのガイダンス● 基礎学力到達度テスト3月● 春期講習● 春期特別講習(外部講師)● スタディサポート1月● 実力テスト● 小論文テスト12月● 三者面談(受験科目の選択)11月● 進路説明会● 英語テスト(GTEC)9月● スタディサポート7月● 実力テスト● 三者面談● 夏期講習● オープンキャンパス6月● 小論文テスト(リピート)5月● 小論文テスト(初回)4月● 基礎学力到達度テスト● 文理学部・法学部・経済学部との連携授業の受講● 進路希望調査進路指導の流れ卒業生・進路課よりきめ細かな進路指導を1年次から 中学生のときに訪れた本校の文化祭で、親しみやすさの中に1本筋の通った、真面目さと誠実さのある上級生の姿に感銘を受け、その姿に近づくべく入学を決めました。自宅から学校までのアクセスの良さを利用し、野球部副キャプテンとしての活動にも手を抜かず、勉強と部活動の双方に向き合う時間を工夫して両立をはかりました。本校は1年次から小論文テスト対策を行うなど、きめ細かな進路指導で先生方による進路先別のアドバイスも充実しています。 僕は様々なオープンキャンパスに出向き、世界の仕組みを経済的な視点で見たいと考えるようになり中央大学経済学部に入学しました。世界を渡り歩くため、専門分野を多く学んでいる最中です。 一生の中の高校生活は、かけがえのない貴重な3年間です。たくさん悩みたくさん楽しみ、人として成長しながら、メリハリのある日大櫻丘高校ライフを送ってください。日大櫻丘高校での生活は未来にしっかりと繋がっています 本校の3年間の生活には、その先の長い人生をどう歩むかを考えるためのヒントや刺激があふれています。まずは日々の授業を大切にし、幅広い教養を得ることで社会に対する理解を広げていきましょう。そして、学校行事やクラブ活動に全力で挑み、自分自身のさまざまな可能性を見出しましょう。本校で充実した日々を積み重ねた先に、必ず自分の進路が拓けてきます。進路指導部では、皆さんが将来について考えるために必要な機会や出会いを数多く用意し、皆さんの進路実現をサポートしています。本校での経験を通じ、将来さまざまな世界で力を発揮できる人材になって欲しいと思います。中央大学経済学部 経済学科櫻井 元貴さん進路指導部地歴公民・日本史担当小倉 理 先生Graduate’s voiceTeacher’s voice進路指導のPOINT生徒一人ひとりの希望を叶える指導進路指導・進路実績10

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る