生徒会活動

生徒会メンバーに聞きました!

集合写真

生徒会で行っている活動について教えてください。

松井:生徒会は、中央委員会と5つの委員会で構成されています。学校行事の運営など、先生方と連携を図りながら生徒会が主体となって様々な活動を行っています。特に体育大会や櫻高祭の企画は昨年より良い行事になるようにと、毎年力を入れています。

佐瀬:9月に新生徒会が発足し、10月から全校生徒が参加する行事の企画・運営や、昨年度まで行っていた活動や企画の見直しを行います。また、日大付属校生徒会の集まりや、他校の生徒会の人たちと連携する活動も行います。

松本:今年度は不定期で発行している「生徒会広報」の制作に力を入れています。学校行事の告知や報告、Sakutterの返信、生徒会メンバーの紹介記事などを掲載し、私たちの活動をみなさんに知ってもらうことを目的に発行しています。現在は1クラス1枚の掲示ですが、これから発行の回数を増やし全生徒に配布したいですね。

今後の活動の意気込みをお聞かせください。

青木:今年度は中央委員会だけでなく、他委員会ともしっかりと情報共有していきたいと考えています。生徒会での業務は、他校と比べて責任や仕事量が多いです。生徒は勉学に励むことが前提ですが、生徒会の中には部活動に所属している人もいて、皆苦労しています。できれば両立できるように頑張ってほしいので、できることはサポートしていきたいです。

松井:生徒会に入ったからには今より良い学校にしていきたいという思いで活動しています。自分の代でできる限りのことはやって次の代につなげていきたいと思います。また、先輩から各委員会の情報共有が弱いと言われているので、今年度は全体会を月に1度開き、きちんと情報共有できる機会を設けていきます。

佐瀬:中央委員会は人数が多く縦割りになりがちで、顔を知らないメンバーがいることもあります。今年度は縦割りをくずして中央委員会の絆と連携を強めていきたいです。

松本:まだ生徒会が何をやっているのかを知らない人が多いので、広報を使って共有していきたいです。Sakutter については用紙を改良し、質問を書く欄と返信を書く欄を設け、質問と結果がすぐ見えるようにして、生徒との距離をもっと縮めていきたいと思います。

受験生に向けてメッセージをお願いします。

松井:校舎が完成して新しい日大櫻丘高校になりました。これからこの学校は体育大会や文化祭がもっと面白くなっていって、どんどん変化していきます。その大きな変化を私たちと一緒に作っていきましょう。

佐瀬:高校に入る時は文武両道できるのか不安だと思いますが、無我夢中で目の前にあることをこなしていれば、生徒会の活動や勉強もうまくいくと思います。日大櫻丘高校で一緒に頑張りましょう。

松本:委員会に入ることで生徒会に所属できます。学校に対して「こうしたい」という思いや、もう一歩自分を変えたいという思いがあれば、それは生徒会に入る良いきっかけになると思います。自分を変えたい人は生徒会を考えてみてはいかがでしょうか。

日大櫻丘高校の生徒会はココがスゴイ!

POINT1 他校に比べ、 生徒間で決めることが多い!

本校生徒会は、中央委員会を中心に各委員会からなるメンバーで組織されており、文化祭や体育大会をはじめとする行事から各クラブの活動、全校週番といった日常的なものまで、生徒が主体となり運営しています。

組織図

POINT2 年に一度の 生徒会合宿(3日間)を実施!

本校生徒会では毎年12月末の3日間、生徒会合宿を開催しています。9月から加入した新メンバーを加え、新体制で臨みます。生徒会としての心構えや来年度の運営について全員でミーティングを行います。

POINT3 行事や取り組みは それぞれ企画書づくりから!

本校生徒会では翌年度の櫻高祭・体育大会について前年度から準備がスタートします。12月の生徒会合宿で、文化祭実行委員、体育大会実行委員が中心となり、プログラム、テーマを検討します。反省を踏まえ、さらに良いイベントにするために生徒会全員が一丸となって取り組みます。

こんな取り組みもしています

ページの上へ