日大文理学部体験レポート

日本大学櫻丘高校のすぐ隣、徒歩1分の距離に日本大学文理学部のキャンパスがあります。
広くて充実した大学の施設を共有できることは本校の最大のメリットです。

キャンパスマップ

学部長からのメッセージ

文理学部長 教授 加藤 直人

文理学部長 教授 加藤 直人

日大櫻丘高校は、文理学部(当時、世田谷教養部)の教育モデル校として開校した、日本大学世田谷高等学校をその起源としています。以来、文理学部と日大櫻丘高校は綿密な高大連携の元、共に歩んでまいりました。

日大櫻丘高校の生徒は、文理学部の図書館等の教育施設や食堂等の厚生施設を自由に使用することが可能です。また、高校在学中に文理学部の授業を受講することが可能であり、文理学部に入学した場合、その単位を文理学部の正規単位として認定する制度があります。

日大櫻丘高校は、大学付属高校として様々な可能性を持っております。ぜひ、高校在学中から、大学に親しんでください。

図書館

図書館

地下2階から地上2階まである図書館は、蔵書数約93万冊、座席数約900席と、日本大学では最大規模。日大櫻丘高校の図書室では補いきれない貴重な資料が豊富にあるため、調べ学習や、課題の参考資料などに大いに活用しています。

百周年記念館

百周年記念館

文理学部創設100周年を記念して建設された建物です。バレーボールコート6面対応可能なニューアリーナや300名収容の国際会議場、大小の会議室、地域に解放された心理臨床センターなど多彩な施設があります。

3号館

平成20年9月に竣工した教室棟です。2階から5階に一般教室、大小マルチメディア教室が、2階には外国語教育センター、1階には食堂や軽食コーナー、書店・文具店などがあります。

カフェテリア 秋桜

カフェテリア 秋桜

1階にある広々としたカフェテリア形式の食堂です。安くて美味しいメニューが揃っています。昼休みに本校生徒も利用できます。

外国語教育センター FLEC

外国語教育センター FLEC

外国語学習や海外留学、国際交流などをサポート。開室中は自習スペースとして自由に利用できます。

本館

本館(平成29年3月竣工)

最大510名が収容可能な大教室「センターホール」や、学生同士が集まり議論を進めて学修を行うことができる「ラーニングコモンズ」および「アカデミックラウンジ」などの効果的な学習環境が整い、社会系4学科、理学系3学科の研究施設および事務機能を備えています。

日大櫻丘高校出身・文理学部在学中の先輩にインタビュー

  • 大学を身近に感じられる環境

    日本大学櫻丘高校を志望した大きな理由は、高大連携教育をしていることと、整った設備です。大学の講義を受講することができ、進学するとその単位が卒業単位として認定されます。また昼休みには文理学部の食堂が自由に利用できることも魅力的です。このように大学を身近に感じられ、内部進学を考えている生徒には、櫻丘高校は最適だと思います。水泳部に所属していたのですが、本館全体の設備も整っており、循環濾過の装置がある室内プールでの部活動もやりやすく、校舎が綺麗なことも大きな魅力です。

  • 文武両道に最適な環境

    私は幼い頃から続けた水泳を高校でも目一杯やりたい、教員免許を取得したいという夢を抱き、日本大学櫻丘高等学校へ入学しました。高校のプールが点検等で使えない時も、大学で練習をし、不自由なく水泳を続けることができました。秋に大学への進路が決定した後も練習に参加し、卒業間際まで学業にも部活にも打ち込めた点は付属校ならではの利点だと思います。進路を考える上で多分野から幅広く選択できることは、総合大学ならではの、そして日本大学櫻丘高校ならではのメリットです。

ページの上へ