新着情報News

第2学年を対象とした,平和教育が行われました。

9月21日(土),来月から九州への修学旅行を控えた第2学年生徒を対象とした平和教育が行われました。
講師は戦時中に特攻隊員としての任に就いた上野辰熊さんをお招きしました。

上野辰熊さんは,1943年(昭和18年)10月に陸軍少年飛行兵として大刀洗陸軍飛行学校に入校され訓練を受けた後,1944年(昭和19年)に飛行兵として京城(ソウル)の教育隊に配属され,赤とんぼと呼ばれる練習機で訓練をし,その後8月にはピョンヤンの飛行場で本格的に九九式の襲撃機の訓練をされました。そして1945年(昭和20年)5月,戦争が終わる3ヶ月前に鹿児島県の万世飛行場で沖縄空港作戦の飛行第66戦隊に配属になりました。つまり特攻隊員となり,出撃すれば生きて帰れない状況となりました。しかし,その特攻の命令が下される前に終戦を迎えたため,生還されました。
講演会では,生い立ちから訓練の内容,当時の心境,戦後の生活など細かくお話をいただき,来月21日からの九州への修学旅行の事前学習として有意義な学びの時間となりました。